交通事故に遭ったら

事故に遭ったら後遺症を残さないためにすぐ治療を受けましょう|福山市 健康工房たいよう整骨院

事故に遭ってから不調を放置していませんか?

交通事故によるお身体の不調は根本改善治療が必要です。|福山市の健康工房たいよう整骨院

交通事故に遭って不調に悩まされていたが治った女性

交通事故に遭われた方の症状にはむち打ちや腰痛といった内容が多く見受けられます。
症状を病院の医師から頸椎捻挫や頸椎損傷の診断を貰った為に、むちうちの治療さえしてしまえば大丈夫と思われている方が多くいらしゃいます。ですが、こうした症状はその症状を治療すれば大丈夫かというと実はそうではありません。
交通事故に遭われた際にはお体に大きな衝撃を受けており、お身体の様々な箇所が歪んでいて、痛みを感じている部分だけにダメージがあるわけではないことが多々あります。

例えば、交通事故に遭い転んだ際に腰をうち、骨盤が歪んでしまったり背骨が歪んでしまったりします。
そうしますと、歪んだお身体を補おうと体の様々な部分に負荷がかかります。
そうした、本来なかった負荷がお体にかかっている状態が続いてしまうことで、交通事故に遭われた後のけだるさや痛みが現れてしまうのです。なので、福山市健康工房たいよう整骨院はむち打ちのことだけを診るのではなく、実は全身を診る、治療するようにしております。

むち打ちだからと言って首だけを治療しても、体の土台自体が歪んでいると首の不調に治療の効果は出てきません。
それは身体の土台である骨盤や足の骨の歪みを正し、身体の重心を正しい位置に戻したうえで、首の調整をしなければ回復が期待できない為です。

事故の後全身の調整を行えないまま、辛い状態をほおっておいたために後遺症として残ってしまったということもあります。
症状がいったん慢性化してしまうと、症状をほおっておいた分改善にも時間がかかることになり自賠責保険が適用できなほど長い期間治療をしなければならなくなることがあります。
事故の後早期治療、全身治療することは、後遺症が残るか残らないかを大きく左右します。
ですので交通事故の後、むち打ち、しびれ、吐き気などの症状でお困りでしたら、福山市健康工房たいよう整骨院においでください。

交通事故に遭ったときに気を付ける点|健康工房たいよう整骨院

1.事故語その場で損害賠償の話をしない

事故の後まず考えていただきたいのは、身体のことです。
示談交渉をするのは、身体を回復させるのに掛かった費用が明確になってから行ってください。

事故に遭って気が動転してることもあると思いますが、事故の現場で署名捺印や示談書や念書を書いてしまうといったことも避けてください。

事故が起こったら必ず警察に連絡して、専門家に間に入ってもらい解決するようにしましょう。

2.交通事故に遭ったら必ず病院での精密検査を受ける様にしましょう。

事故に遭ったときは、パニックになったり、気分が高まっていたり、不安に駆られてしまうことで、痛みを感じにくくなっていることがあります。

そして、事故から数日たち少し落ち着いてくると症状が出てくることが多く見られます。
事故のすぐ後に痛くなかったから、この痛みは関係ないだろうと判断するのはとても危険です。
たとえ、事故後数日たっていても、またそれほど強い痛みでなかったとしても、必ず相談、治療するようになさってください。

事故の大小、症状の重さに関係なく必ず病院に行くことが大切です。

3.交通事故にあった後は保険会社に連絡しましょう

交通事故が起こった後は加害者、被害者の立場に関わらず保険会社に連絡されてください。
事故後すぐに保険会社に連絡を取ることはとても重要です。

なぜかというと、連絡が遅れてしまうと保証が受けられなかったり、事故当初の病院を保険会社に連絡なしで変えたことによって保険金が支払われなくなることがあるからです。

「ホウレンソウ」を頭の隅に置いて保険会社に連絡を取るようにしましょう。

4.警察への連絡は必ずしましょう

事故の処理を行うのに必ず必要になるのが交通事故証明です。
この交通事故証明は警察に届け出なければ発行されません。

保険会社に保険金を請求するのにも、またそれ以外の場面でも必要となるのでとても大切な書類です。

届け出をしない加害者の方もいるようですが、加害者には届け出の義務がありますので、事故を起こしたら届け出るようにしましょう。 警察に届け出をせずにいると、示談や一般的な物損事故としてしまったために治療費の請求が出来ないと言う事がありますので気をつけましょう。

5.加害者の情報を忘れずに必ず確認しましょう

加害者の

  • ①氏名
  • ②電話番号
  • ③車種・ナンバー
  • ④住所
  • ⑤会社の住所・電話番号

以上の5点は絶対に情報を控えておくようにしてください。

もし、手元にあるなら携帯のカメラで免許証や自賠責保険の情報を取っておくのも良い方法です。

6.事故に関連する書類は大切に保管しましょう

病院に行くために使用したタクシーや電車などの交通機関の移動にかかった費用も請求の対象となります。
病院の治療費を始め、事故に関連して発生した費用を証明できる領収書はきちんと保管しましょう。

領収書や事故にかかわる書類は一定期間は厳重に保管しておきましょう。

7.目撃者がいたら、連絡先を聞いておきましょう

目撃証言は事故の示談に大きな影響を及ぼします。

もちろん、被害者の方の安否確認や救出することが一番ですが、目撃者がいた際は連絡先を聞いておきましょう。

事故現場を携帯のカメラやムービーで記録しておくのも忘れずに行い、様々な方角から事故現場の譲許を記録に残しておくと良いでしょう。
情報は多ければ多いほどいいので、情報を多く出来るようにしましょう。

弁護士法人と提携

健康工房たいよう整骨院 交通事故治療を受けられた患者様の声

健康工房たいよう整骨院 交通事故治療の症例

あなたを決して見放しません!

お困りの方はお電話下さい

健康工房たいよう整骨院までのアクセス

ページのトップに戻る